学科紹介

西日本でも数少ない「経済産業大臣認定校」電気工学科

今後更に求められる「電気分野」のエキスパートを目指し、
電気技術者の基礎知識から最新技術までを学びます。

昼間部2年・男女100名/夜間部2年・男女50名

「第二種・第三種電気主任技術者」の資格取得を目指せる、全国でも数少ない「認定校」です。卒業後、実務条件と年数を満たすと各種の資格の申請・取得ができ、電力会社、電気設備の保守・管理を行う会社等で多くの卒業生が活躍しています。
一般科目・専門科目・就職に向けた教養講座・その他特別講座を設置し、在学中の資格取得を目指した特色あるカリキュラム編成となっています。

電気工学科の5つの特徴

経済産業大臣認定校
第二種・第三種電気主任技術者資格は卒業後、実務経験を経て 経済産業大臣に申請して取得する道が開けています。
基礎科目(数学・物理学)を基本から徹底学習
資格取得を目標としているため、必要な電気の基礎である数学・物理学をしっかりと習得するまで指導します。
電気主任技術者国家試験に合わせたカリキュラム編成
経済産業大臣認定科目と一般電気科目を設定し、在学中に受験して資格取得ができるようなカリキュラムとなっています。
社会に役立つ実学重視
一般的に大学では理論を中心に学びますが、本校では実社会で役立つ実学を重視。「電気設備概要」「シーケンス工学」「継電器実験」「制御実験」等、講義・実験の両輪で、知識を吸収できるカリキュラムとなっています。
学生のレベルに合わせた「技術講座」
第三種電気主任技術者、第一種・第二種電気工事士の試験対策と、パソコン操作レベルアップの4講座をさらにクラス分けし、学びの速度に応じたサポートを行います。

電気工事科長 [昼間部][夜間部]兼任 安住 正人先生からのコメント

豊富な知識・技術と経験を持つ講師陣が、実践を重視した分かりやすい講義で、確かな知識と技術が身につくよう指導しています。また、個別指導も行い、あなたの夢の実現をサポートします。電気主任技術者(第三種はじめ第二種など)の国家資格取得を目指す学生諸君、一緒に頑張りましょう。

こんな仕事ができます(例)

電気設備の管理や設計・施工管理などの仕事に就けます。

  • 電力会社の電気主任技術者

    電気を安全に供給できるよう、電気設備の保全につとめています。

  • 高速道路の電気設備の設置

    電気設備の工事をする際の現場監督や報告書の作成業務に従事します。

  • 病院の施設管理

    電気設備の保安管理、ボイラー管理など施設全般の運行を管理します。。

業種
電力・エネルギー関連会社、電気工事関連会社、電子・電気機器メーカー、コンピュータ関連会社、航空・宇宙・鉄道関連会社、高速道路関連会社、自動車メーカー、通信関連会社、家電メーカー、水処理関連会社、プラント・工場建設関連会社、病院・商業施設関連会社 など
職種
電気設備の設計・施工・保守・管理者、消防・通信設備の施工・保守・管理者、独立自営 など

目指す資格

電気技術者の基礎知識【電験三種】の学習を目標とし、多くの資格取得を目指します。

  • 第二種電気主任技術者
  • 第三種電気主任技術者
  • エネルギー管理士
  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 2級電気工事施工管理技士
  • 工事担任者
  • 乙種危険物取扱者
  • 乙種消防設備士

卒業後に与えられる特典

第二種電気主任技術者
1万V以上の実務経験※(5年以上)で申請により与えられます。
第三種電気主任技術者
500V以上の実務経験※(2年以上)で申請により与えられます。
1級電気工事施工管理技士
実務経験※(5年以上)で受験資格が与えられます。
2級電気工事施工管理技士
実務経験※(2年以上)で受験資格が与えられます。
第二種電気工事士
筆記試験が免除されます。
甲種消防設備士
受験資格が与えられます。
許可主任技術者
所属企業の申請によって許可されます。

※実務経験:資格によって実務内容に違いがあります。各機関にご確認ください。

合格しました

入学した時は、第二種電気工事士の資格しか持っておらず、第三種電気主任技術者はおろか第一種電気工事士にさえも合格できないレベルでした。しかし、二年生から気を引き締め毎日の早朝勉学に励み、合格することができました。
現在、高圧の電気を使用されているお客様の設備点検を行っています。今後は消防設備士、第二種電気主任技術者の資格取得に向けて勉強していきたいと考えています。

電気工学科の学び

基礎科目の数学・物理学を
基礎から徹底学習
資格取得を目標としているため、必要な電気の基礎である数学・物理学をしっかりと習得するまで指導します。
実学重視で
卒業後の即戦力を目指す
一般的には理論を中心に学びますが、本校では実社会で役立つ実学を重視。講義・実験の両輪で、知識を吸収できます。
目標資格の
コース別講座
各々が目標の国家資格試験対策とPCの基礎から応用までレベルアップを目指すコースを選択して受講します。

カリキュラム[昼間部]

電気主任技術者国家試験に合わせ、基礎知識から最新技術までしっかり身につけられるよう配慮したカリキュラムを設置しています。

区分 一年次 二年次
科目名
一般教育科目 一般教養、数学、物理学、基礎講座  



経済産業省
認定科目
理論 電気磁気学、電気回路理論、電気計測、電子工学、電気基礎実験  
電力 発変電工学 Ⅰ、送配電工学 Ⅰ 発変電工学 Ⅱ、送配電工学 Ⅱ、電気材料
機械 電気機器学 Ⅰ、照明電熱工学 電気機器学 Ⅱ、パワーエレクトロニクス、自動制御工学、電気応用実験、電気機器実験、継電器実験、電気機器設計、電気製図
法規   電気法規及び施設管理
一般
電気科目
電気応用
科目
電気設備概論、電気化学 電動機応用、シーケンス工学
実験実習
科目
  制御実験、電子実験、計算機実習
選択科目 技術講座 Ⅰ 技術講座 Ⅱ
教養講座 就職ガイダンス、社会教育
特別講座 オフィスアワー  

※夜間部には一般教育科目、基礎講座、選択科目、一部の実験、教養講座、特別講座はありません。

時間割


電気工学科のココがすごい!

  • ■本科の講師陣は、電気関係の企業や大学の研究室で、長年、数多くの現場を経験した方ばかり。
    実際の現場がどういうものか、学校に居ながらにして学びとることができます。
  • ■授業では実社会ですぐに役立つ「実学」を中心に学びます。「屋内配線」、「継電器実験」等を
    カリキュラムに盛り込み、講義と実験の両輪を知識として吸収していきます。

在校生からのメッセージ

学科紹介
学科紹介トップ
電気工学科
電気工事士科