学校案内

本校の歴史

20世紀初頭の日本は重化学工業の発展が著しく、その動力としての電力需要が急速に伸び始めていました。しかし根幹となる電気技術者の育成が追いつかず、事実、福岡市周辺で電気関係教科を有する学校は九州帝国大学(現在の九州大学)のみでした。そこで当時の九州帝国大学の教授等が、社会のニーズに応えるために、夜間教育の電気学校を創立。
それが現在の九州電気専門学校です。
創立の際には、九州水力電気(合併し、現在の九州電力)
や安川電機など地元電気業界からの強力な後押しもありました。
電気のプロたちが、次代のプロを育てる学校として本校は
誕生し、その伝統は94年経った今も続いています。

本校の歴史

大正12年 5月 「九州電気工学校」創立
昭和12年 2月 電気工事人学術試験免除
昭和16年12月 財団法人「九州電気工学校」認可
昭和37年 7月 学校法人「九州電気工学園」改称
昭和39年 4月 校名を「九州産業大学付属九州電気学校」と改称
昭和50年11月 電気工学科(夜間部)・第三種電気主任技術者認定校となる
昭和51年 4月 電気工事士科(夜間部)開設
昭和51年 6月 校名・学校法人名を「九州電気専門学校」と改称
昭和51年 8月 現在地に新校舎竣工
昭和52年 1月 電気工事士科(夜間部)・電気工事士養成施設指定校となる
昭和53年 2月 電気工学科(夜間部)・第二種電気主任技術者認定校となる
昭和57年 4月 電気工学科(昼間部)開設
昭和58年 5月 創立60周年
昭和60年 1月 電気工学科(昼間部)第二・第三種電気主任技術者認定校となる
昭和62年 4月 電子工学科開設、電気工事士科(昼間部)開設
昭和63年 2月 電気工事士科(昼間部)・電気工事士養成施設指定校となる
平成 7年 1月 「専門士」称号認定(電気工学科昼間部、情報システム科)
※情報システム科 平成18年から募集停止
平成18年10月 電気工学科(昼間部)
1、2級電気工事施工管理技士受験資格認定校となる
平成19年 3月 電気工学科(夜間部)
1、2級電気工事施工管理技士受験資格認定校となる
平成25年 5月 創立90周年


学校案内
学校案内トップ
ごあいさつ
講師紹介